乾燥肌の対策!自分の肌状態を正しく把握していますか

自分の肌状態を正しく把握していますか?乾燥肌を対策するにはカサカサゴワゴワやかゆみの原因を知り正しい対策をたてましょう。乾燥肌は性別問わず悩んでいる方が多くみられます。乾燥の季節に入る前にしっかりと乾燥肌対策をして下さい。ここでは乾燥肌の状態や原因について説明し正しい対策を提供できるコンテンツを揃えています。

*

乾燥肌の対策方法には睡眠とストレス解消

   

乾燥肌の対策方法に十分な睡眠

乾燥肌の問題と睡眠の質には大きな関係があります。適切な乾燥肌対策をとるために、両者の関係性を検討していきましょう。乾燥肌になるのは、皮膚に十分な水分が供給されていないことに起因しているのです。

皮膚は一番外側の表皮、その下には真皮層と皮下組織が存在していますが、肌の潤いが維持されるのは皮下組織に分布している毛細血管の血流によります。十分な血流をもたらすためには血管が拡張していることがポイントになります。

ここで重要な役割を演じるのは成長ホルモンです。人体の内部では成長期が終了しても、このホルモンは少量ながらも分泌されています。ストレスや紫外線など刺激要因でダメージを受けた細胞の修復に関与しているのです。

ところが良質な眠りが確保されていないと、血管が収縮し全身の細胞への栄養や水分を十分供給することが難しくなります。成長ホルモンや水分を全身に届け、乾燥肌などのダメージを修復させることが重要です。それゆえ乾燥肌のケアには良質な睡眠は不可欠なわけです。

ストレスは肌に悪影響

紫外線や皮膚の細胞の新陳代謝の老化などの事象意外にも、ストレスの蓄積は肌へ悪影響を及ぼすことが知られています。疲労などに慢性的に曝されると自律神経のバランスが崩れて、交感神経が優位に働くように体長が変化してきます。

交感神経が活性化すると血管が収縮し、血圧も上昇します。血管の収縮は末梢の皮膚細胞への血流不足をきたすため、肌荒れの原因になってしまうのです。肌の潤いは真皮層で十分な量のコラーゲンやエラスチンが生成されることが必要です。

しかし交感神経が優位になり血流不足になると、これらの蛋白質を十分量作り出すことができないおかげで、肌トラブルにつながるわけです。またストレスはホルモンに影響し、やはり肌荒れの原因になっています。

とりわけ女性では生理周期の影響でエストロゲンと言った美肌ホルモンのエストロゲンの供給量が減少することによっても、肌トラブルに遭遇する傾向が見られます。自律神経のバランスを取り、乾燥肌などのトラブルを防ぐためには、趣味や気晴らしを持つことも大きな意味を持ってきます。