乾燥肌の対策!自分の肌状態を正しく把握していますか

自分の肌状態を正しく把握していますか?乾燥肌を対策するにはカサカサゴワゴワやかゆみの原因を知り正しい対策をたてましょう。乾燥肌は性別問わず悩んでいる方が多くみられます。乾燥の季節に入る前にしっかりと乾燥肌対策をして下さい。ここでは乾燥肌の状態や原因について説明し正しい対策を提供できるコンテンツを揃えています。

*

乾燥肌対策!症状に合わせて正しいケアを

乾燥肌の対策前に症状を把握する

肌にニキビや湿疹が出来てしまった際に、強い痒みを感じてつい掻きむしってしまい症状を悪化させてしまった経験がある方は少なくありません。ニキビや湿疹が出来た時に痒みを感じるのは肌が乾燥してしまっている証拠です。

皮膚の潤いが低下して乾燥してしまうと、角質層のバリア機能が低下しやすくなるので、ちょっとした刺激でも強い痒みを感じてしまう方が多いのです。

また肌が乾燥して肌のコンディションが崩れている時に、ニキビが出来てしまうと外部刺激による炎症が発生しやすくなるため、通常よりも痒さが深刻になってしまう危険があります。

そのため痒さを感じる肌の炎症が起こってしまった場合は、まず対策をする前に肌が乾燥して荒れていないか確認をした後に保湿ケアを行うことが重要になってきます。

肌のコンディションによって使用する保湿化粧品も選ばないと、配合されている成分で肌トラブルが悪化してしまう危険があります。

肌のコンディションが悪い時は、低刺激タイプの保湿化粧品を利用して潤いを与えるようにすると、肌への刺激を最小限に抑えて潤いを補給させることができます。また湿疹など炎症を治癒させることも重要なので肌を清潔に保ち、薬を利用して治療することが重要です。

男性も女性も乾燥肌に悩まされている

顔などに起こりやすい乾燥肌の症状は、女性や男性の多くが悩まされている肌トラブルの一つです。特に角質層が薄く皮膚が乾燥しやすい特徴がある背中は、保湿ケアが十分に行えていない可能性が高く、バスタイムなどにボディタオルでつい肌をこすりがちなので乾燥しやすくなります。

肌の潤いが不足して乾燥すると強い痒みを感じるので、ついつい孫の手などを利用して背中をかいてしまう習慣がつきます。肌を掻きむしっていると肌表面の角質層が破壊されて肌のコンディションが悪化してしまう危険があります。

そのため痒みを感じた時は、痒みを我慢して肌の乾燥を改善する保湿ケアを心がけることが重要になります。また背中はシャンプーやトリートメントなどのヘアケアアイテムや、ボディーソープのすすぎがきちんと行えていない可能性が高いので、毛穴に汚れが入り込んでニキビや湿疹などの肌トラブルが起こりやすい部位でもあります。

そのため肌の乾燥に合わせてニキビや湿疹などの肌トラブルも併発する可能性が高いので、掻きむしって症状を悪化させる前に肌を冷やすと痒みを抑えることが出来ますし、低刺激タイプの保湿ローションを肌に使用してから、上にボディミルクやクリームで潤いを保持させることが大切です。

乾燥肌におすすめの化粧下地

乾燥肌の人にとって日中のカサつきは大敵です。そんな乾燥が深刻になってしまわないためにメイク時に対策をしましょう。乾燥肌に良いとされている化粧下地は多く存在します。

化粧崩れの原因になる皮脂だけをキャッチしてくれて、さらに約13時間持続してくれます。素肌ケアまでしてくれる乳液タイプのクリームのドラマティックスキンセンサーベースです。

よく伸びてさらっとしているのでファンデーションの馴染みも良くなります。また美容成分と厳選した保湿成分を濃縮したクリームタイプのモイストリッチフェイスクリームは、高い浸透力ながらべたつかない使用感で、お手入れした後すぐにメイクができる優れものです。

モイスチュアベースはスキンケアの効果で、化粧崩れや乾燥を防ぐ透明タイプのジェルクリームです。ベタつかずみずみずしい使い心地が特徴のクリームです。肌に潤いを与えながら水分の蒸発を徹底的にガードしてくれるラスティングキープは、高い紫外線カット効果を持っているのに、お肌には優しいクリームです。

これらのクリームが全ての方に合うとは限りませんが、一度使用してみて使い心地やキープ力、乾燥肌の薬なのかを確認しながら、自分に合うものを選んでください。

乾燥肌の対策は清潔にして保湿する

清潔の基本は入浴です。そしてクレンジングを上手に使うようにしましょう。まずは手を洗い清潔にします。汚れたままの手で洗顔などを行うのは良くありません。

次に目元や口元の化粧を先に落としてください。クレンジングオイルを使うのですが、乾いた手のひらにとって使うようにメーカーからの指示が記載されている場合は、乾いたタオルでしっかり水気を取ってから使用します。

手に取った液体を初めはおでこから鼻にかけて馴染ませたら、その後に顔全体に馴染ませてください。ここでのポイントはこすらない事と時間をかけすぎない事です。

次は手に少量の水を取り乳化させてください。そうすることでクレンジングオイルと水が馴染みやすくなり綺麗に洗い流しやすくなります。ぬるま湯で顔を洗い流し、洗顔液を使って顔を洗いましょう。

乾いたタオルで拭いて保湿クリームをすぐに塗って乾燥から肌を守ってください。またヒルドイドを使用することで肌が潤い、すべすべになる事もあります。しかしこのヒルドイドは医療用保湿剤なので肌に優しいとは言い切れませんので、使用する際は皮膚科などで先生に確認を取ってからにしましょう。

基本的には市販の保湿クリームなどの方が肌に優しいです。

公開日:
最終更新日:2018/10/03